2008年12月12日

堀埋め療法

MSNメッセンジャー経由不審URL
powered by cooltext.com


知己からメッセンジャー経由で初見のURLが
送られてきた。一体なんだろうと思って開いて
みるとウィルスに感染してしまった…と言う症例は
前々から報告されておりますが、ではどうやったら
回避できるのかと言う点に関してはひたすらに
呪文の如く『不審なURLは開かない方が良い』
と言われるだけ。後は事後の対処だけが説明
されております。

一つ、見落としている点がありませんか?
貴方がそのURLを開いたブラウザは、何処の
製品ですか?
InternetExplorerだけがブラウザではあります
まい。

とりあえず対処は落ち着いて致しましょう。
何をして良いのか説明しないで恐怖感を
煽り立てる言葉に怯えずに、自分に出来る
対処をしておく事です。

最新ウィルス定義によるウィルススキャン、
OSの更新はして置きたき所。
ブラウザの更新もしておく方が無難でしょう。
ブラウザを変える事で今後の防御が可能
ならそれも視野に入れて。
その上で外堀を少しずつ埋めて参りましょう。
URLについて検索しておくなり情報交換を
しておくと、後々対処し易くなるやも知れません。
ブラクラチェッカーで確認しておくのも有効な
手でございましょうね。

上記のURLですが、
キーロガー疑いURL
で検索してみますとメッセンジャーの他
ミニブログ経由でも拡散しているらしき
URLとの事。
しかしてその実態はパスワードを盗む為の
フィッシングを試みる手段である様です。
キーロガーと言う手法を試みるそうですね。

hagylog | メッセのフィッシングにご注意
及び
It doesn’t matter!? - 20080825

この二箇所様にて解説がございました。
対処法も恐らく記述の通りで良いかと。

対処の第一歩は、先ず落ち着きです。
知らないから怖い。知ろうとすれば、又知れば
怖さも少し軽くなる。そう言うものです。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NETから | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。