2009年04月16日

500分の…

500色の色鉛筆セットが復刻されるとの事。
揃った図を観て心が動いたのは確かです。

でも、その後一瞬冷静になると二の足を
踏む所かそよとも心が動かない。
遣わないで眺めるだけになるであろう
色達の事を思うと、躊躇ってしまうのです。

かつて、緑の系統色のみの色鉛筆を自分で
集めた事がありました。
気に入った色ばかりを集めた筈が、その
中でも減り方に差異が出て来てしまうの
です。吾が事ながら少し哀しくなりました。

それでも又いつかは集めたいと考えて
しまっているのですから、これも執着の
一つの形なのでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 07:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 拾った話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117543337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック