2009年07月16日

不遜の血縁

マンガ評論の重鎮・夏目房之介氏が、妙な騒動に
巻き込まれております。
経緯については『夏目漱石財団』で検索して戴いて
それぞれの目で確認された方が判り易いかと思われ
ますのでここでは記述を略します。
筆者如きがここで何を言った所で爪楊枝程度の支え
にもならぬのですが、評論家/随筆家・夏目房之介氏を
一読者として敬愛する者として一言記しておきます。

夏目房之介氏が大漱石の孫であった事を売り物に
した事など、筆者記憶の限りでは一度としてございません。
むしろそう言う色眼鏡で視られる事に対して戸惑われ、
洒落心で回避されようとした事ならばあったかと。
飄々とされながらもそう言う気骨はしっかりお持ちの
方だと著作を拝読すると感じられます。
第一、房之介氏が今現在の信頼を勝ち得たのは
探究心使命感の賜物であって、大漱石の遺伝子の
恩恵ではございません。そう言う看板をゴリ押しして
いたならば房之介氏は今の位置にはいらっしゃら
なかったでしょう。
「おたく」はそう言うものを直感的に嫌いますので。

この件に関して房之介氏を大漱石の孫云々と言う
難癖で貶めようとする輩がいるのならば、その連中こそ
無知蒙昧であります。
房之介氏の航跡功績を一切確認してこなかったと
いう事ですから。


不肖の孫

不肖の孫

  • 作者: 夏目 房之介
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





マンガはなぜ面白いのか―その表現と文法 (NHKライブラリー (66))

マンガはなぜ面白いのか―その表現と文法 (NHKライブラリー (66))

  • 作者: 夏目 房之介
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 1997/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





夏目房之介の講座 (ちくま文庫)

夏目房之介の講座 (ちくま文庫)

  • 作者: 夏目 房之介
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫




いい大人がしょうもない画策で言い掛かりなんて、
ええ加減にしなさい。
posted by 葡萄瓜XQO at 07:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123592279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック