2005年01月14日

定型も良し悪し

新聞に見る日本語の大疑問
毎日新聞校閲部編

出版社 東京書籍
発売日 1999.05
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  448779384X
日本の新聞の主成分は日本語。新聞という製品を点検するのが校閲部。ワープロ・パソコンの導入による同音異義語の変換ミス、常用漢字以外の文字の乱用など、校正者ならではの視点から書く日本語随筆。〈ソフトカバー〉 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


書店の紹介は間違っていないと思います。
実際有益な内容だ、とは思うのです。思うのですが…
なんでこんなに読み難いんでしょう。
複数の方が携わっているのは判るのですが、文体が
余りにも多様過ぎるのです。定期的なコラムなら其の辺も
良い刺激になるのでしょうが、こうして一冊の本に
纏まるとその良い刺激の筈の変化が小骨の様に
引っ掛かって流し読みが出来難くなるのです。
文体変われば調子も変わり、又距離感も変わります。
日本語を扱おうとするならば、その点にもせめて一考
欲しかったと世間の一隅で苦笑致しております。
或いは辞書形式の構成ですとかね。内容を生かす工夫は
如何様にも出来る様に愚考致します。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。