2005年01月23日

作と案

パディントン発4時50分(クリスティー文庫 41)
アガサ・クリスティー著・松下祥子訳

出版社 早川書房
発売日 2003.10
価格  ¥ 756(¥ 720)
ISBN  4151300414

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


アガサ・クリスティーの名探偵ポアロとマープル(NHK)

推理小説の映像化で愚痴を零す坏、かなり野暮な事だと
承知しております。然しながら、元々の骨組みを蔑ろに
されては少々口を開きたくなると言うもの。
その口を開く際にネタバレをしない様にしない様にと
心掛けねばならない事が却って苦渋の中の愉しみに思える
程です。
好きな話であっただけに、またイギリスでドラマ化された
この話Joan Hickson:主演/CV:山岡久乃)に愛着を
覚えていただけに(しかもNHKでかつて放映された事も
あるので余計に)、何とも言えない思いになるのでございます。
アニメはアニメであると割り切れば良いのでしょうけどね。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:12| Comment(4) | TrackBack(2) | ショウタイム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。TBもしました。
まあアニメはアニメと割り切った方がいいんでしょうね。。

ところで、英国BBC版の吹き替え版はNHKで放映されたんですか。
吹き替え版は、つい最近テレビ東京で4作品放映されたのしか見たことないです。
CS放送のミステリチャンネルでも、つい最近全作を放映していたようですが、僕は契約していないので見られませんでした(;.;)
Posted by Yuseum at 2005年01月24日 22:58
初めまして。TB有り難うございます。

吹き替え版がNHKで放映されたのは10年程前の
夕方枠であったかと記憶しています。
但し放映時に時間枠に合わせて場面カットがあった
為、辻褄の合わない部分がありました。

これは推測ですが。
TV東京でもこの話が放映される可能性はあります。
NHKでの吹き替え版放映後暫くして当地の毎日放送で
全作が放映された事が在りましたので。
Posted by XQO at 2005年01月24日 23:42
TBありがとうございます。
吹き替え版、DVD-BOXみたいなのにならないかなあ。
字幕スーパー版のDVD-BOXは持っているんですけどね。吹き替え版が好評なことをよく聞くので。
Posted by Yuseum at 2005年01月26日 00:13
あの吹き替え版は非常に良かったです。
山岡さんの声の雰囲気が正しく「老嬢」の
雰囲気なのですね。
年輪だけではなくておとぼけも茶目っ気も
ある良い吹き替えでした。
吹き替え版もDVDで出て欲しいですね。
Posted by XQO at 2005年01月26日 00:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

名探偵ポワロとマープル:パディントン発4時50分(3)
Excerpt: 公式ホームページ 昨日は「パディントン発4時50分」全4回の第3回目。 今作ではゲスト出ないのかなぁ、と思っていたら、第3回目でようやくマルティーヌ役で出ていましたね。杜けあきさん。 ・・・すみ..
Weblog: ミステリ通信「みすみす」blog
Tracked: 2005-01-24 22:47

山岡久乃
Excerpt: 山岡久乃 画像・壁紙・関連サイト情報 ラブソング 「死」抱いたお調子モン 「幕末太陽傳」幕末太陽傳 1957年の作品ということですが、まったく飽きることなく見ることができました。スタッフもキャスト..
Weblog: ガゾログ
Tracked: 2005-03-01 08:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。