2011年06月16日

香涼誘熱

玉葱は大振りなものなら一個半を好みの薄切りにし、
凍ったままのミックスベジタブル・フレンチポテト適宜、
パプリカ(赤+黄色)のさいの目切り適宜と混ぜ合わせ
レンジで玉葱がしんなりして水分が出るまで加熱。
【600ワットで8分程?】

まだ熱々の内に香辛料のターメリック(ウコン)を全体が
ほんのり黄色く染まるまで混ぜ込み、並行してガラム
マサラを適量混ぜ込む。
そしてレーズン100グラム見当をざっくり混ぜた後で
(出来ればノンオイルタイプの)ツナフレークを120グラム
+α見当投下。しっかり混ぜ込み味を馴染ませてゆく。
そしてガラムマサラをもう少々。

下味が付いた所でフレークタイプのカレールウを90グラム
見当投入。余熱と水分でしっかり馴染ませてゆく。
そして加糖では無いヨーグルトを150グラム見当をしっかり
混ぜ合わせ馴染ませたら仕上げの加熱。
熱を通した方が安心するという人はしっかり目に。
【600ワットで8分までが適切?】

常温で一時間程置いて粗熱をとり、冷蔵庫で四時間程
寝かせたら程好い冷製カレーになっているでしょう。

香辛料は高価なものである必要は全くありません。
真っ当なものであればそれで充分です。
【関連する記事】
posted by 葡萄瓜XQO at 22:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 厨房一隅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210218793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック