2005年04月02日

デースケドガーフォント

ウィリアム・モリスの楽園へ(ほたるの本)
南川三治郎写真・文

出版社 世界文化社
発売日 2005.03
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4418055037
ヴィクトリア時代から現在まで、卓越した才能で根強い人気の芸術家であり、アーツ&クラフツ運動の提唱者であるウィリアム・モリス。生活芸術の巨匠を追った英国紀行。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


ウィリアム・モリスの唐草文様には心惹かれるものがあります。
筆者の場合絵心が乏しいので余計に惹かれているのかも知れません。
そして、彼のデザインしたフォントを眺めている内に、
デースケドガーをモチーフにデザインしたフォントがあったら
如何言うものだろう、と言う空想を浮かべるに至りました。
筆文字風なものになるのか、それとも機械的なフォントになるのか。
SEOコンテスト毎に記念フォントを作ってみるというのも
面白いかも知れませんね。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

デースケドガー
Excerpt: デースケドガーに関する研究と考察
Weblog: デースケドガー
Tracked: 2005-04-03 09:43

デースケドガー
Excerpt: 「デースケドガー」のキーワードで行われる 第2回SEOコンテスト(新潟・スマトラ...
Weblog: MT 3.x TestSite
Tracked: 2005-04-05 15:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。