2005年04月24日

目に美しく

当地の天候は縁側で座布団枕で寝転んで本を読むのに
最適な感じでした。風が少し冷やりとしている加減が
又宜しいですね。

マヤ文字を書いてみよう読んでみよう
八杉 佳穂
白水社 (2005.3)
通常24時間以内に発送します。


ローマ字筆記体の書き方が少し怪しくなってきている
自分に書けるんかいな、と半信半疑で頁を捲りましたが…
ハイ、早々にお手上げです。数字の簡略形なら書けると
しても典雅な絵文字は絵心がしっかりと無いと書けません。
言語学に取り組むと言う真剣な感じではなくて、文字と
戯れながら文化に想いを馳せよう、と言う手引きの一冊
です。
マヤ文字の構成原理は確かに簡単そうなのですが、法則性に
融通が利き過ぎるのが難点である様です。マヤ文字フォントを
作ろうと思ったらフォント起こし以上に文字の法則性に
気を遣わないとわやになりそうですね。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。