2007年02月12日

悪態の効用






強烈な個性が世に出ると勘違いされる事が
多いのですが他者をただ罵倒し悪態をつけば
芸当になる、と言う訳ではありません。
返り血を浴びた自分をどう料理するかが味噌
なのでございましょう。
人様の悪態のつき様を観て溜飲を下げて満足
している段階では、まだまだ凡俗の謗りは
免れないのやも知れません。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。