2007年02月16日

自己分析

恐らく筆者は語りが嫌いな人種では
ないのだろう、と思います。
その割には一文を起こす際…殊に
雑感の類については最初から何某かの
題材が心に決まっていないと悶々と
致しております。

恐らく筆者である自分と世の営みに
従事している中の人とは、微妙に等号で
結ばれていないなのでしょう。
その差異が煩悶を起こさせるものかと
思われます。

その煩悶も我が物と愛しく思う日々で
ございます。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33831612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック