2005年05月06日

色溢れ色流れ

色々な色
色々な色
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5. 6
ネイチャー・プロ編集室
光琳社出版 (1996.12)
この本は現在お取り扱いできません。


この世に溢れる色達を森羅万象に準えて解説分類した一冊。
天然に溢れる色彩を見てからいざ其の色を人工で再現しようと
すると、最後の最後でどうしても満足出来ないと言う事が
ございませんか?
確かに色自体を分析して数値を割り出す事は容易に出来る
かも知れません。しかし、色の醸し出す風情や色に纏わる
感情と言うものは数値に出来得るのでしょうか?
全てを計算ずくでやろうと思わずに何処か曖昧さを残した
方が上手く行く事も、時には有り得るものです。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。