2007年02月28日

語りに遊ぶ












一応推理ものと分類されているであろう
この一連を、そうと意識して読んだ覚えが
筆者にはございません。
むしろ語りの一つとしてゆるゆる追って
おります。
陽だまりの様に読む本があっても損は
しますまい。
posted by 葡萄瓜XQO at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。