2005年05月17日

其処に愛は

義経伝説と日本人
森村 宗冬
平凡社 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


申し訳ないと思うのですが、一読後に脱力感が押し寄せました。
歴史検証をするのか、それとも歴史検証を出汁に精神論を説き
たいのか視点を定めて下さい。
新説を前に出したいと言うお気持ちは判るのですが。

徹底追跡源義経の謎
菊池 紳一
新人物往来社 (2005.1)
通常24時間以内に発送します。


正直、取り上げる対象に愛が向いていない文章を読むと言うのは
苦痛です。対象に愛のある文章ならば、如何なる大部であろうとも
読む事に苦痛は感じません。書き手の熱が後押しくれますから。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。