2005年05月20日

古伝と科学

ワニと竜
ワニと竜
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.20
青木 良輔
平凡社 (2001.5)
通常1~3週間以内に発送します。


牽強付会と思いきやじっくりと論を詰めて追っている様なので
つい引き込まれて読んでおります。そう言う作業を生物学の
先生が遣っていると言うのが又面白いですね。どちらかと言えば
民俗学の仕事の様に思うのですが。例えば多田克巳さんですとか。

山海経
山海経
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.20
高馬 三良
平凡社 (1994.1)
通常2~3日以内に発送します。


此方を妖怪学の見地から読み解くと又違った側面が見えます
そうな。それは結構重要な学問である様に思うのですが。

そう言えば、西岸良平さんの『鎌倉ものがたり』の一挿話に
ワニベエと名付けられた鎌倉龍の子が出てくる回がござい
ましたね。第何話だったのかも収録巻も失念してしまって
おりますが。
ふと、この『ワニと龍』を読んで連想致しました。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。