2004年01月09日

目が滑る読書

時々、好きな作家さんの本でも落ち着いて読む事が
出来ない場合があります。
活字を認識しては居るのですが、神経が受容と脳への
伝達を拒むのですね(苦笑)
贅沢な物言いなのですが、所謂「性に合わない」
状態なのかも知れません。

へたれな物書きもどきですが、そう言うものをお届け
しない様に精進しなければ、と身が引き締まる思いです。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。