2004年04月28日

書と共に街に出よう

『週末、活字を忘れる』と言うCMが以前ありました。今にして思えば
あの『活字』とは『情報』と言い換えても宜しいのでしょう。

ですが、単に情報を漫然と享受するのと自分で思い立って本を読む
のとでは又少し趣が違ってきます。自発的であるや否やもありますが、
何よりそこには自分の好みが反映されているのです。
それが娯楽でなくてなんだというのでしょう?
黄金週間間近、気候も芝生の上でごろ寝をするには宜しい頃合かと
思います。
書と共に町に野に出て、気楽な読書というのも悪くはありますまい。
さすがに稀覯書を持って出ましょうとは言えませんが^^;
posted by 葡萄瓜XQO at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。