2007年05月24日

流行の後先

太陽と月をその名の中に頂く人の本が古本屋に
出ていたので、ふと気になって検索をする。

彼が今沈黙しているであろう事が、その検索への
回答なのだろうかと寂しい気持ちになった。

流行は、彼に何を齎したのだろう。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。