2007年06月29日

しみじみ納豆

スーパーマーケットで30円乃至50円割引で
挽割納豆を購入していてふとしみじみした
思いに捉われました。
関西で挽割納豆が普及したのはごく最近の
事でございますから。大粒納豆はもとより
小粒納豆はありましたが。
20数年前、ふとした事から筆者は大阪にて
挽割納豆を求め彷徨いましたが…その当時
入手出来たのはしっかりと濃い味で調味され、
真空パックにつめて土産物として売られて
いたものでございました。今思い出しても
余りに濃い味付けでございましたね。

食卓で納豆を持て余し気味の方はとりあえず
そのまま納豆を椀の中の味噌汁に投入して
みて下さい。味噌汁は熱々にするのをお忘れ
なく。
味噌汁にしっかりとしたコクが出るかと思
われます。挽割納豆であればインスタント
納豆汁という趣になるのではないでしょうか。
御飯にしっかりと混ぜ込んでそのまま油を
加えずに、おこげを作る様な感じで炒めれば
香りの良い焼き飯になろうかと。

ただ、あの時の挽割納豆で上記の調理は…
想像出来ないです。味の濃さが兎に角尋常
ではなったので。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。