2007年07月20日

手擦れ愛し

書棚、本棚は紙の本があるからこそ様になるのです。
データ棚から一つ抜き出して、なんていうのはSFの
一場面で見るなら兎に角、日常では聊か。

データの本の需要も身にしみて判るのですけどね。
潜ませたい内容の書もありましょうし。

しかし、手擦れを作りたいのは紙の本でございます。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。