2007年07月23日

削り氷の誘惑

枕草子
枕草子
posted with 簡単リンクくん at 2007. 7.23
〔清少納言著〕 / 角川書店編
角川書店 (2001.7)
ISBN : 4043574010
価格 : ¥560
通常2-3日以内に発送します。


削り氷に甘蔦、器は新しい金鋺…枕草子のこの件を
読んだ時、筆者は現在のかき氷よりも美味しそうと
思ってしまったのでありました。
実際このレシピを再現した現場を二十年程前にTVで
視聴した様な覚えがございますが、記憶の限りでは
しつこくない甘みが生み出されていた様な気が致し
ます。
甘味は確かに欲しいのです。
しかし、氷が解けた後に何時までも口の中に留まって
いる様な甘味は閉口します。
氷が溶けると共に去ってくれる様な、そう言うさっ
ぱりした甘味が削り氷には似合うのでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 22:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。