2007年08月04日

肩肘張らず

ふと点けたテレヴィ越しに弦楽団と
ヴィヴラフォンの共演を聴く、と言う
のも中々良い夏の夜の過ごし方かと
物思い。
静かなだけが弦楽ではないのだと
思い出し、眠っていた悪い虫が起きて
来そうな戸惑いを覚えます。
余りにも激しく心を引っかかれる様な
音が続くのには閉口しますけどね。
刺激的な響きも、見極めて適量が
よろしいかと。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の色 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50208805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック