2005年07月18日

一点の曇り

浪曲、女子高へ行く
新井 勝治
新井勝治 (2001.6)
この本は現在お取り扱いできません。


内容も文章も良い本なので、出来れば学校の図書館に
置くべきかと思われる一冊です。只一つ難を言えば
本編と資料の繋ぎが装丁上宜しく無いですね。
見開きに於いて縦書きの本編が終わったすぐ隣の頁に
横書き資料の最終頁が来ると言うのは些か視界が混乱
するかと。
将来的に文庫化されるならば、その一点を整理した
上でお願いしたく。

夏休みの課題図書としてお薦めして置きます。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。