2004年09月15日

平々凡々

変わった事があったとすれば、一冊の本の手引き
記憶の隅に引っかかっていた特撮番組の数シーンが、
『白獅子仮面』の物であったらしいと特定できた
程度の一日です。
些細な記憶なのですが、喉に引っかかった小骨の様なもので
はっきり判らずすっきりしなかったのです。
これで一安堵できました。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック