2008年05月10日

滲み出るもの

読んでいるだけで苦痛を感じ怖気立つ文字列と
言うのは確かに世間に存在します。
出力している当人は懇々と清水が湧き出るが如く
名言を連ねていると自惚れ、故に読み手を平伏
させる事が出来ると思っておいでなのでしょう。

でも、世間様はきちんと見ております。
その文字列が如何言う過程を以って吐き出された
のかと言う事を。
針小棒大と言う物言いが余程可愛らしく思える様な、
下賎な大仰さが源泉だという事を。

当方が名指しを避けるのは慈悲故にではありません。
それ以外の冷たい感情故に、です。
posted by 葡萄瓜XQO at 22:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック