2012年12月31日

壬辰〆

20121231

巡り来るは大晦日。
明年もご贔屓の程。
posted by 葡萄瓜XQO at 12:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

辛卯盛夏見舞

2011年暑中見舞

ネットから暑中見舞い申し上げます。

「熱さだけ
等しき夏の
行過ぎる
土用壮んな
蜆も餅も」

2011年暑中見舞

辛卯盛夏 ぶどううり・くすこ
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

静かにばたばた

ここ半月程サーバ移転の関係でばたばたしておりました。

始まりは『桃色倶樂部』の現住所、インフォシーク有料サーバ
・iswebベーシックが明年5月をもってサービス終了となります、
との報せ。
遡る事半年と少し前、無料サーバ・iswebライトが終了する、との
報せを聞いてCGI対応可能な無料サーバを探した末に
iswebベーシック移行を決めて実行し、まあ、今年もそろそろ
契約更新準備をば、と考えていた矢先の報せでありました。

筆者の契約更新のタイミング故に終了までの追加課金は
無いとの事でとりあえず胸を撫で下ろし、次の移転先の
目処をつけておかねば…と検討しかけた矢先でした。
今度は『仇花の記憶』の住所・COOLオンライン無料サーバが
6月末で終了しますとの報せ。
では次の引っ越し先を急いで探すかと思いかけて筆者は
ふと考えました。
「どうせならある程度纏める様にしようか」、と。

筆者の管理しているサイトは二種類に分かれています。
創作か、そうでないかで。
創作に関しては「XQO'S ARBOR」でほぼ一纏めに致しました。
ではそうでない部分もこの際だから纏めて良いだろう、と。
入口さえ分けておけば良い話ですし。
そう言う訳で新たにサーバと契約し、現在に至ります。

とりあえず完全に纏めるまでにはまだ先があります。
統合はそうですが、格納もありますし終了もあります。
2000年に開始した桃色倶樂部がさてどう変わりますか。
とりあえず「くすこあれこれ」を眺めつつお待ち戴きたく。
posted by 葡萄瓜XQO at 12:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

迎春

暦換え

手帖を換えて

蕎麦啜る

冷たい数字を

ひととき忘れ


本年度もよろしくお願い致します。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

いずれも一息

一息想い - 煩凡亭日乗(2009.6.27)

住所印或いは住所ラベルを誂えるかどうか逡巡した結果、
結局手元に置いている訳でございます。

Vistaprint - 名刺 - フルカラー印刷 - デジタル印刷会社 | Vistaprint

謳い文句を巡り毀誉褒貶の行き交う会社でございますが、
筆者が用いている限り非常に良心的な会社でございます。

さて、住所印・住所ラベルを誂えてから一息の間合いは
変わったのか。
実は一向に変わっておりません。むしろ慎重になったかも
知れませんね。
一貼り一捺しだからこそ、その位置の選択に対して慎重に
なっていると言う自覚があります。
ラベルの場合ですとそこに絵柄を選ぶという過程が加わる
訳でして。

結果として、一息の間合いを前にも増して愉しんでおります。
posted by 葡萄瓜XQO at 08:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

一息想い

時折、住所印を激しく欲する瞬間がございます。
あくまでも瞬間の事で筆を走らせている内に
要らぬだろうと納得して後に検索データが残る
だけとなるのですが。
詮ずる所筆者は市井の個人でございますから
余程そう言う墨字郵便を遣り取りする交際が
無ければ住所印の必要が無い訳です。
交際の連絡の過半数は電脳書簡で済みますし。

そう言いつつも過去には一応住所印を持って
いた事もございます。
かつて日光写真の要領で樹脂印面を起こす
ソーラースタンプと言う商品がございまして、
それで手書き風の住所印を作り用いておりました。
今にして思えば『手書き風』であったからこそ
愛着が生まれていたのやも知れません。

一捺しか、一筆か。
躊躇い無く一捺しに走れる気性であったなら、
今この瞬間何かが変わっていたのでしょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

糸玉解し

情報を抽出する、と言うのは実際に
やってみると難しくもなんとも無い事
なのです。

解す為の糸口は大体皆さんお持ち
ですから先ずそこから無作為に検索
してみる。
この段階で挫折するのは折角のヒントを
大きな塊のまま使おうとなさるからです。
木綿針に毛糸は通りません。
毛糸を解して細くすれば通りましょうが。
そう言うことです。

きちんと糸さえ通してやれば、細い糸が
相互作用で役立つものを運んできて
くれるものです。
針に糸を通す工夫を怠られますな。
posted by 葡萄瓜XQO at 08:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

早々と

今年も、本日を除けば余す所361日で
ございます。
電脳の力で物理的な距離を短縮する
事が出来ると心得るのも良し悪しで
ございますね。
年明け早々紅白の鏡餅が存在し、しかも
電脳経由でも購入可能であるなどと
知らねば冒頭の一言を口走らずとも
済んだのですが。

越後製菓 紅白鏡餅10号

来年になれば、更なる遊び心が加わって
居りましょうか?
posted by 葡萄瓜XQO at 12:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

賀詞

賑わいに心踊りて筆を執る
墨磨る音は遠ざかれども


己丑  元旦  
posted by 葡萄瓜XQO at 03:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

以前・以降







あの日を思うと、今でも自分の中で
何かを比べてしまいます。
何かの正体をきちんと言語化出来ずに
時間は過ぎているのです。
姿は把握出来ている筈なのに。

だから、形になっている記憶に対峙したく
なるのやも知れません。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

衣替え

神無月も半ばを過ぎましたがやっと
重い腰を上げ、衣替えを致しました。
朝夕が肌寒いというだけですのでまだ
体感では半袖でも大丈夫な気はするの
ですが…外気に触れた際の温度差で
痒みが出てくるのは些か煩わしいかと。

仕舞いこんでいた長袖を出す際、防虫剤の
匂いが微かにでもしないと安心しないと
いうのは、やはり習い性なのでござい
ましょうね。
ナフタリンや樟脳とまでは申しませんが、
やはり何か香ってこないと守られていた
のだなと言う実感を抱けないと言うのは
なんだかなぁ、と。
時折匂い袋や杉や檜の小片或いは石鹸を
入れてそう言う感覚の補完を試みたり
しておりますが…。
小拍子木型に切り揃えられた楠なぞを
見かけたら、誘惑に抗うのに難儀する事で
ございましょう。

ともあれ、長袖の季節でございます。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

まだまだ嬉しき

残暑が未だ猛暑なる昨今、街角で団扇を
貰うのは矢張りほっとするものです。
更に言いますと白以外の樹脂骨や竹骨の
団扇を貰うと尚ほっと致しますね。

団扇の骨一つも、恐らく披露目の姿勢の
表れでございましょうから。
骨一つで団扇の風情ががらりと変わる事も
ございますし。
持ち手あってこその団扇と感じる事も多々
ございますしね。
posted by 葡萄瓜XQO at 08:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

当世流

ホームセンターでゴム張りの下駄を見つけ、
当世流だなァとふと溜息。
その下駄が或る国で作られた製品で見切り
処分品扱いで半額以下になっているのが判り
更に溜息。

今更白々しい溜息だとは思うのですが。
時代に応じた和風もあってよいとは重々承知
しているのですが。

和=日本と言う訳でも無いのですね、恐らくは。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

世の隅で

今日は、静かに祈りましょう。

先の人達に感謝しつつ。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

主役脇役

玉葱を食べる際に、つい迷う事があります。
主菜として食うべきか、薬味として食うべきか。

薬味として使われている際にも主張が強い
玉葱があり、又反対に主菜として位置づけ
られていても薬味の様な顔をする玉葱も
あります。
さあ、どう応じたものか。
玉葱は玉葱だ、とあっさり対峙出来れば
迷う事なぞ無いのでしょうが。

いっそ、皆一緒にスープで煮込んでくたくたに
してしまった方が楽なのでしょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

図々しくも希う

posted by 葡萄瓜XQO at 15:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

流れる食卓

夏に野菜を摂るならばサラダも良いが
冷静スープもまた一興と思う昨今。
摩り下ろした野菜の甘味と冷たさの組み
合わせと言うのはデザートには少々
物足りないとしても前菜や食の合いの
手には丁度良いかと思います。
出来合いのもの…パック入りスープを
涼しげな器に入れて供したり、粉末ス
ープを牛乳で濃い目に溶いたり…も良い
ですし、一念発起して台所に立ち、玉葱を
炒める所から始めて自製するのもまた
良いでしょう。

きっと、盛夏のインディアンオムライスの
付け合せにはこういうものが良いのでは?
posted by 葡萄瓜XQO at 16:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ハア、さいで…

ここ暫くの食生活を回想しております内に、
ふと脳裏に一言浮かんだので検索をかけて
みました。

インディアンオムライス

昔々に一度食したきりだったのですが、
どうも味の輪郭がしかと思い出せぬもので。
少なくともケチャップ味のチキンライスでは
なかった、と記憶していたのですが。

で、検索結果。
結構有名な存在だったのですね。
チキンライスではなく、かと言ってバター
ライスでもなくカレーピラフですか。
カレー→インド→インディアン…順当な連想
ではありましょう。
筆者が食したのは恐らく発祥の店のレシピを
伝え聞いたものを真似たものだったのでは
ないかと思われます。カレーピラフと言われて
今かなり真剣に首をかしげておりますから。
posted by 葡萄瓜XQO at 22:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

削り氷の誘惑

枕草子
枕草子
posted with 簡単リンクくん at 2007. 7.23
〔清少納言著〕 / 角川書店編
角川書店 (2001.7)
ISBN : 4043574010
価格 : ¥560
通常2-3日以内に発送します。


削り氷に甘蔦、器は新しい金鋺…枕草子のこの件を
読んだ時、筆者は現在のかき氷よりも美味しそうと
思ってしまったのでありました。
実際このレシピを再現した現場を二十年程前にTVで
視聴した様な覚えがございますが、記憶の限りでは
しつこくない甘みが生み出されていた様な気が致し
ます。
甘味は確かに欲しいのです。
しかし、氷が解けた後に何時までも口の中に留まって
いる様な甘味は閉口します。
氷が溶けると共に去ってくれる様な、そう言うさっ
ぱりした甘味が削り氷には似合うのでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 22:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

ブームと関心

テレビで水母によって引き起こされる
イルカンジ症候群について放映されて
いたのがきっかけで、過日あった水母
ブームの事を回想致しました。
ブームはブームのまま終わってしまった
のかと問われれば、おそらくそうでは
ないと筆者は認識するでしょう。
派手なブームは無くなったかも知れませんが、
定着し、静かに拡散している流れは確実に
ありましょう。
向き合う人がいれば、確実に。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする