2005年05月27日

日乗詠句

ふわふわと 黄砂混じるか 風一陣

一刻と 刻一刻と 夏は濃く

朝夕の ヒヤリも愛しき 頃となり

草を摘み 栞と代える 昼下がり

たァらりと 器を滑る 露すずし
posted by 葡萄瓜XQO at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

瞑目

あれから一月が過ぎました。

Webの一隅より合掌を手向けます。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

長し短し

袖の長短につい心を砕いてしまうこの毎日。どうせいっそと
あっさり決めてしまえれば楽なのですが、後から竹箆返しを
喰らうのも業腹なのでつい箪笥の前で腕組みをしてしまうの
です。
朝起きて窓を開け、冷やりとした空気で目が覚めると言うのは
有り難き事ですが、そう言う時に半袖は少々辛い。かと言って
長袖でも適度な厚味を心得ないと鬱陶しい。
昼は昼で陽射しが強いと途端に薄手の長袖でも鬱陶しく、つい
視線が自販機や喫茶店へと向きがちです。
お天道様との相談ですから、此方の分が悪いのは疾うに承知
しているのですが。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

みどりながるる

出先にてふと見上げると、蘇鉄が花穂をつけておりました。
そこから少し往くと琵琶が青々とした若い実をつけております。
こう言う風に感ずる季節感は、気が引き締まるものです。

その風景をつい言葉で纏めようとしてみるのですが、中々
上手く行きませんね。自然な感じが消えてしまう事が殆どで。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

遥かなる半世紀

日清製粉のブランドパスタ『マ・マー』が五十年の佳節
迎えたそうでございますね。半世紀ですか…昭和30年から
歴史が始まった、と言う事になりましょうか。単純計算で
申し上げておりますが。
思えば本当にこのパスタにはお世話になっている様な気が
致します。

国立科学博物館-産業技術の歴史:マ・マースパゲティ PRONT

この『茹で時間短縮』と言うのは画期的な技術であったかと。
乾麺スパゲティが一般家庭の台所と一歩身近になった証しかと
思われます。

それにしても公式サイト、一体如何言う遊び心なんでござい
ましょうね。
posted by 葡萄瓜XQO at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

お薄日和

春の花の色が徐々に退き、そして夏の緑が少しずつ
濃くなってきております。目で味わうお薄、と言った
所でございましょうか。
こう言う日和には縁側でも窓側でも、外の気配を感じる
場所にて好きな器で茶を喫したいものです。
如何にもな茶碗ではなく、心を解く風情の楽な器で。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

薫ル五月

この晴天の中躑躅にばかり気をとられて居りましたが、
気がつけば薔薇も綺麗に咲き誇っております。
庭植えや鉢植えのものでさえ美しいのですから、
今頃靱公園の薔薇園なぞは爛漫と言った具合では
無いでしょうか。
こう言う天然の美に触れるにつけ、気持ちがしゃんと
なるのです。
近隣の薔薇園を覗いてみるのもまた一興でありましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

皐月晴

全く以って突き抜ける様な晴天でございます。
朝夕は多少冷え込んでいようが日中は少し汗ばむ陽気。
季節の巡りとは程好いもの、と思いつつ。

こう言う日にはあえて行楽に出ず、近隣に躑躅の垣が
あればその傍らで茶を喫すと言うのも良いでしょう。
躑躅と言うと筆者は反射的に相楽園と連想致します。
彼の地の躑躅は本当に見事でございます。
楽焼は、まだやって居りましょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

更衣

ころもがへ こころのきぬも うすくして

窓を開けただけでは急に訪れた暑さを遣り過ごせ無いと
観念し、ざっと衣替えを。殆ど引出の入れ替えだけで
済む事ですが。
水無月の声もまだまだ先だというのにこの陽気を通り過ぎた
暑さ、涼風を恋しがる人も多い事でしょう。とりあえず手軽に
口から涼しさを得るという手立てをとった方も多いかと。

其の白は 涼しかろうや アイスクリン

少し早いですが、暑気払いの薫りでも探してみましょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

閑中詠句

其の花壇 噎せ薫りたる 皐月かな

鯉幟 群為し天に 翻る

黄金の 週持て余すか 本屋にて

手を翳し 血潮に見入る 五月晴
足下一度 そっと踏み締め
posted by 葡萄瓜XQO at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

無題

茶を一服喫し、心鎮めつつ。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

時間差

染井吉野があらかた散ったのでもう初夏も近いかと思って
おりましたが、山桜八重桜はまだまだ盛んでございます。
殊に筆者の周辺では濃い桜色の花をつける株や白い花をつける
株、その間の色の花をつける株などが程よく分布して居り
ますので、外出する毎に眼福を味わっております。
色合いもまた良いですね。桜の花の合間に新緑が覗いて。
これは造ろうと思って造れる調和ではないのでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

用心

心に浮ぶ言葉が教訓もどきの七五調になり出したら、
用心した方が良いかも知れません。
そう言う言葉に身を委ねていると一時の楽は得られる
かも知れませんが、目の前の事を片付けた事には
ならないですから。
自分が産み出した『教訓』にツッコミを入れる事が
出来る様なら、まだまだ元気では無いかと。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

暖涼

陽射し暖かく風は涼しく。桜もまだ残っておりますので
花見をするには程好い一日ではなかったかと。
山桜を遠目に見て桜餅をうかうかと連想する我が身の
食い意地に少々呆れつつ。

こういう時に口にする飴湯と言うのが又美味しいのです。
冷やし飴にはまだ少々早い時節です。掌でも暖か味を感じ
つつ、口を経て身中をじわりと暖め風邪などひかぬ様。
サラリとし過ぎて却って咽てしまうと言うならば、片栗で
お好みのとろみを付けるも宜しかろうかと。それぞれの
加減作法で召しませ。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

春告花

雨にも負けず当地の桜はまだ咲き誇っております。
桜に負けじと他の花も咲いておりますが。
猫柳も衣替え。今や緑色の束子の様な有様です。

柳猫 春毛になりし 頃なれば

急ぎ足で夏になる短き春やも知れません。
風情はしっかり味わっておきましょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

花冷え卯月

一雨行過ぎた所為か、冷やりとした朝を迎えました。
白き花はなお白く、されどそれは涼やかな白ではなく。

鮮やかな曇天返しも期待したのですが、生憎とそう言う
事も無く。暖を取りたくば動けと言う事でございましょう。

こう言う日に桜湯を口に含めば、心が軽やかになるの
やも知れません。適度に塩気も摂れましょうし。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

瞬霞拾桃

こう迄桜が咲き乱れておりますと、其の侭身を任せたくなるので
困ります。それでは二進も三進もいきませんので何かしらかの
物思いを絶やさない様にしておりましたが。

デースケドガーの流れも昨日にて終わりました。
暫し時が経てばまた新たな流れも始まりましょう。
日々が途切れると言う事は無いのですから。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

爛漫花吹雪

昨日の曇天による湿り気が思わぬ功を奏したのでしょうか?
当地の桜は先日迄の蕾の堅さが嘘の様に咲き乱れております。
気温もそれに伴って上昇し、風の冷たさも却って心地よい程です。

徳利抱えて 手酌で一人
桜に凭れ そら寝入り

粋な酔狂ならば、こういう時こそ許されましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

花いろいろと

桜と一口に申しましても、色合いは様々ございます。
山桜八重桜の紅がかった色、お馴染み染井吉野の淡い
桜色…それぞれの趣を味わうのもまたよろしいかと。

財団法人 日本花の会のサイトを拝見し、七十種の
桜の味わいに暫し心を遊ばせております。
桜餅を頬張りつつ、と言うのもまた味わい方の一つ
でしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

春寒桜

桜がやっと綻び出したと言うのに少し冷たい風。
気を引き締めろとでも言う天の気紛れでしょうか。

陽気が早く来ればよろしいのですが。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑感 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。