2005年06月14日

柔らかく光る

淡水真珠
淡水真珠
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.14
山中 茉莉
八坂書房 (2003.12)
通常2〜3日以内に発送します。


筆者の手元にある真珠が殆ど海産なので興味を抱いて
手にとった一冊です。
手元にあるといっても精々電話のストラップや根付に
加工してあるもの程度ですが。
閑話休題。
こう言う本は読んでおくものですね。
淡水真珠も全て核を入れて形成しているものとばかり
思い込んでおりましたがどうも違うらしい。また、
形の様々は承知していたつもりですが彩りの豊富さは
この本を読むまで気にも留めておりませんでした。
真珠の魅力に嵌っている方にとって必携の書かと。
但し、嵌るにも真珠を曇らせない程度に、と言う事で。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

独りと言う事

「みんな」のバカ!
仲正 昌樹
光文社 (2004.6)
通常2〜3日以内に発送します。


意見の中で異見を封じ込めない為に、とりあえずお守り程度に
読んで置くべきかと。この本の中身を丸々鵜呑みにしては見解が
変化しただけで行動には変化は起きないでしょうから。
議論上手と言うだけになっても困りますしね。自身も周囲も。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

アルゴルの眼差し

怪獣はなぜ日本を襲うのか?
長山 靖生著 / 長山 靖生
筑摩書房 (2002.11)
通常2〜3日以内に発送します。


良い本だとは思いますが、何か小骨がひっかかリます。
怪獣論とサブカルチャー論の間に文学論を挟むと言う
構成の為に釈然としないのでしょうか。
かなり読み易く、引き摺り込まれ易い文体と内容なの
ですが。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

疲れる本

世の中には、読んでいるだけで疲れる本があります。
疲れさせようと言う意図が見える本ならまだ可愛げも
あるのですが、そう言うささやかな悪意もなしに読者を
疲れさせる本と言うのは実際始末に負えません。

そう言う場合の鬱陶しい気持ちを何処かに捨てて
しまえればかなり楽なのでしょうけどね。
そう言う時の高い青空と言うのは随分と慰めになるものです。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

雄弁な寡黙

ブリキのシガレットケース
Richard Claude / 中村 総一郎
京都書院 (1998.11)
この本は現在お取り扱いできません。


如何にも金属と言う光沢を放つシガレットケースは
確かに美しいものですが、所々色も褪せ、塗装も剥げて
来ている錻力製のものにもそれなりに年経た味わいと
言うものがあります。
文庫版ながらハードカバーであり、かなりしっかりした
装丁の一冊です。図版はオールカラー。眺めているだけで
好きな人にとっては心和む一冊でありましょう。

無論、筆者は和む為にこの一冊を手に取りました。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

掌の宝石

チューイングガムのつつみ
小槌 義雄
ピエ・ブックス (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


毎度思うのですが、この版元さんはどうしてこう
些細な美しさを本にするのが上手いのでしょう。
この版元さんの本を観る度に、見過ごしがちなものに
目を配る時間が増えて嬉しいやら遣り繰りに苦労する
やら。
恐らく企業の沿革の類を除いてはこう言う内容の本は
無いのではないでしょうか。図版中心と言うのが目に
嬉しい所です。
又、解説の部分でチューイングガムについての薀蓄も
語られておりますので、一寸した薀蓄ネタ本にもなり
ましょう。
こう言う本も図書館の棚の隅に鎮座していて欲しい
ものです。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

糸の読み方

ウェブデザイナーになってよかった
堀田 理佳
エムディエヌコーポレーション (2002.6)
この本は現在お取り扱いできません。


この本で着目しておくべきは表題ではなく副題です。
『独立起業&ウェブサイト製作ドキュメント』。
この文の示す事の大きさを噛み締めつつこの本を読むと
又新しい感想が沸いてくるかと。
とりあえずこの本で案内されているのは道ではなく、
道があると言う目印、若しくは門の在り処です。
そして、道を探す為に腰を上げるのは、多分この本を
読んだ誰かです。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

旧きもの新しきを導く

和紙とケータイ
共同通信社
草思社 (2005.4)
通常24時間以内に発送します。


匠の技にハイテクが乗算されるとハイテクの自乗よりも
効果があったと言う事例集です。
実際変に最新鋭の技術よりも古くから伝わる手業の方が
実は効果的だったという場合はございますしね。
良い部分を上手く融通しあって融合出来たら、新旧の
ぶつかり合いに拠る弊害も少しは少なくなってゆくの
ではないか、と。

表題の取り合わせは一見突飛に見えますが、本文を読むと
成る程と肯いてしまう程理に適っている、と筆者は思って
おります。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

道化師達の履歴

ペンギン全種に会いに行く
中村 庸夫
平凡社 (2003.10)
通常2〜3日以内に発送します。


さり気無く手に取りましたが、薄手なのに濃厚な味わいの
ある一冊です。後からじわりと滋味が来るのです。

本邦内で全てのペンギンに会える訳ではありませんが、
その心残りはこの一冊でせめてもの雰囲気を味わう事で
補完は出来ましょう。

この本に準じた内容でDVDが出来たら、確実に売れるかも
知れませんね。ペンギンの姿は、観ているだけで和みます
から。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

骨董と今

ぞろぞろ
ぞろぞろ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.30

アスキー (1999.8)
この本は現在お取り扱いできません。

唐沢俊一+唐沢なをき:作

古典落語の翻案漫画、では無く、古典落語の骨組みに
今の血肉をくっつけた漫画、と言う趣かと。
古典を有り難く古典としてそのまま味わうのも良いの
ですが、たまには喝入れとしてこう言う血肉の入れ替えも
良いのではないかと。入れ替えた血肉がその後も語り草で
残るかどうかは血肉の出来次第でございますが。
実際、古典も出て来た当時はナンヤカンヤと言われた事で
ございましょうね。それでも残ってきたからこそ今古典と
してある訳でございまして。

造りたてから堂々としている骨董があったら、其れは
端から出来が違うと言うだけの事でございましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

遺産との対峙

ブラック・ジャック 1
手塚 治虫 / 手塚 治虫著 / 山本 賢治
秋田書店 (2005.5)
通常2〜3日以内に発送します。


正直に言うと、この本の立場はかなり不利ではないかと
筆者は感じて居ます。漫画と言う形での再解釈、と言えば
聞こえが良いでしょうが、結局の所原典に拘束された
二次創作の域を如何しても出る事が出来て居ない様ですから。

版元さんによる二次創作祭の一環として捉えられる、と
言うのも不利な条件でしょうね。
此処で大きな再解釈と再構築があれば、と思うのですが。

大き過ぎる遺産と対峙するには如何したら良いか、と言う
参考例としてのみ記憶されない事を、切に祈ります。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

多分、普通の人々

La quinta camera
オノ ナツメ
ぺんぎん書房 (2004.5)
通常24時間以内に発送します。


漫画で無いと描き出し得ない人生があります。
誇張や笑い云々ではなく、ただ表現が漫画的で
あるだけの普通の人生。

Not simple 1
オノ ナツメ
ぺんぎん書房 (2005.3)
通常24時間以内に発送します。


小説の様に味わえますが、小説の様に読むべきでは
ないでしょう。漫画として読み、そして漫画として
遇する。其れが取るべき態度かと。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

様々

宮崎アニメの暗号
青井 汎
新潮社 (2004.8)
通常24時間以内に発送します。


暗号を読み解く、と言うよりも暗号を形成する為の
手引書と言うべきでしょうか。この一書が宮崎監督に
献呈されたのか、下世話な興味があります。
それと、文中にて青井さんが賞賛している花輪和一さんの
『護法童子』、とりあえずネット上で復刊嘆願の動きが
ある
のですが…まさかこの動きを見逃した上で憤慨されて
いる事はございますまいね?

日々ごはん 3
高山 なおみ
中央出版株式会社アノニマ・スタジオ (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。
高山 なおみ
ロッキング・オン (2001.4)
通常24時間以内に発送します。


心が空っぽになり掛けた時でも食べ物に纏わる良い文章を
読むと健全にお腹が空いて来ます。
高山さんの文章と言うのは、食べ物の湯気が見えてきそう
なので好きなのです。読みながら頭の中でついレシピを
再現している自分も時にはいますし。

ふくう食堂/高山なおみ公式ページ

ゆめつげ
ゆめつげ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.23
畠中 恵
角川書店 (2004.9)
通常24時間以内に発送します。


判じ捕り物につきネタバレを避けます。
ただ、良い読み心地であったとだけ申し上げ、
後は読んでのお楽しみ。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

心のお八つ

エクス・リブリス
小槌 義雄
ピエ・ブックス (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


蔵書票、と言うと如何しても洋風なものに考えが参り
ますが和仕立ての蔵書票も良いものです。
気持ちがほっこりと和らぐのですね。哲学書を開くと
可愛らしい招き猫の蔵書票が目に入る、と言うのも
洒落ていて良いかと思うのですが。

大正・昭和のマッチラベル

ピエ・ブックス (2004.8)
この本は現在お取り扱いできません。


たまたま同じ版元が続きます。
マッチのラベル、と言うと定番化してしまっているものが
多いのですが、こう言う風に小洒落たものを見ると気持ちが
和らぎますね。
宣伝マッチでもほんの一工夫で印象に残り易かったり忘れ去り
易かったりしますし。

ハイカラ手ぬぐい案内
君野 倫子
河出書房新社 (2005.5)
通常24時間以内に発送します。


手拭も一寸工夫でアートになります。
アートになったままでは少し退屈なのですけどね。
アートになりつつ何気なく日常に溶け込んでしまって
いるのが好いのです。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

古伝と科学

ワニと竜
ワニと竜
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.20
青木 良輔
平凡社 (2001.5)
通常1〜3週間以内に発送します。


牽強付会と思いきやじっくりと論を詰めて追っている様なので
つい引き込まれて読んでおります。そう言う作業を生物学の
先生が遣っていると言うのが又面白いですね。どちらかと言えば
民俗学の仕事の様に思うのですが。例えば多田克巳さんですとか。

山海経
山海経
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.20
高馬 三良
平凡社 (1994.1)
通常2〜3日以内に発送します。


此方を妖怪学の見地から読み解くと又違った側面が見えます
そうな。それは結構重要な学問である様に思うのですが。

そう言えば、西岸良平さんの『鎌倉ものがたり』の一挿話に
ワニベエと名付けられた鎌倉龍の子が出てくる回がござい
ましたね。第何話だったのかも収録巻も失念してしまって
おりますが。
ふと、この『ワニと龍』を読んで連想致しました。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

デジタルも道具

虫をめぐるデジタルな冒険
小桧山 賢二
岩波書店 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


老いてなお壮ん、と言う言葉が似合う一書です。
デジタルという技術の特性を意欲的に取り込みつつ、
それでいてデジタルに飲み込まれず自然の息吹を匂わせ
ようとする。その成果も本書の中に納められておりますが、
ただ感服するばかりです。
御当人にしてみれば必要故に手法を編み出したと言う
のもあるのでしょう。その手法に経験値と言う武器が
加わった結果、デジタル化された虫の姿がのっぺりした
ものではなく動き出しそうなきらめきを得たものとなって
いるのですね。

小檜山賢二の微細構造の庭園

興の湧いた方は此方のサイトに赴かれるのも宜しいかと。
デジタルとは文房具であると実感も出来ましょうし。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

其処に愛は

義経伝説と日本人
森村 宗冬
平凡社 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


申し訳ないと思うのですが、一読後に脱力感が押し寄せました。
歴史検証をするのか、それとも歴史検証を出汁に精神論を説き
たいのか視点を定めて下さい。
新説を前に出したいと言うお気持ちは判るのですが。

徹底追跡源義経の謎
菊池 紳一
新人物往来社 (2005.1)
通常24時間以内に発送します。


正直、取り上げる対象に愛が向いていない文章を読むと言うのは
苦痛です。対象に愛のある文章ならば、如何なる大部であろうとも
読む事に苦痛は感じません。書き手の熱が後押しくれますから。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

鏡よ、鑑

アンドロイドの「脳」
高橋 則明 / Grand Steve
アスペクト (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


cyberlife research limited

人工知能に就いて知る、と言う事は鏡に映してみれば
開発者が自分の心と向き合い熟知してゆく事、でしょうか。
時には本書を理詰めで読まず、SF小説に組み込まれた
解説を読むかの様に進めて行くのもまた方法なのやも
知れません。
瀬名秀明さんの解説に、マッドサイエンティストの遊び心を
感じました。マッドサイエンティストで在る為には、
ある面勤勉である事も求められるのでしょうが。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

読み返す

光の塔
光の塔
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.10
今日泊 亜蘭
早川書房 (1979)
この本は現在お取り扱いできません。


何かに迷った時は、ステレヴィ節に浸るのもまた良い事でしょう。
エイヤっと思い切るきっかけを作る事が肝要かと。
過剰な鼓舞は顰蹙ものですから、程々に。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

ただの本

あとん 一味同心 2005 5月 第六号
アートン/05.5.1発行/\FREE


無償配布本ですが、随分としっかりした造りです。
表紙本文共に紙の質もきちんと吟味され、この一冊で
版元さんが如何なる会社かと偲ばれるかの様な、
そう言う拘りの様なものが見え隠れしています。
其の見えるものが又、嫌味ではないのですね。街角に
さり気無く掛けられている絵の様な、そう言う安心を
感じます。
これで辺に中綴じであったら少し興醒めだったかも
知れません。中綴じである事が視覚的な効果を生む
無償本もありましょうが、定期的に刊行するのならば
出来れば無線綴じで本棚に収まりの良い様に作って
欲しきもの。版元に対しての詮無い我儘ではござい
ましょうが。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする