2005年01月23日

デースケドガー活用法:命名

ミミズ
渡辺弘之著

出版社 東海大学出版会
発売日 2003.12
価格  ¥ 2,100(¥ 2,000)
ISBN  4486016327
脚をもたずぬるぬるしているので嫌われやすいが、実は、土を耕し作物を育ててくれる働きもの・ミミズの正体とは。役立ちミミズの素顔、生活史、生態など、ミミズの自然史を解説する。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


ミミズに美を感じる、と言うのは尋常な事では無いでしょう。
然しながら、この本の写真で紹介されたシーボルトミミズの
鮮やかな瑠璃色に筆者の心がかなり動いたのは事実です。
日本にミミズが何種居るかはまだまだ把握出来ていない、と
この本にあります。その上、生態もはっきりと把握されて把握
されていない種類が殆どの様です。
と、言う事は仮に今新種の美しいミミズを『発見』したら、
命名も自由に出来る、と言う事にはならないでしょうか?
ゴッゴルニジイロミミズですとかデースケドガーホタルミミズ
ですとか言う通称ができる訳ですね。
命名が続く内にミミズにもデースケドガーかと言う分類が
出来るかも知れません。いや、ミミズに限った話では無いです
けどね。未開の分野と言う事で如何かと思っただけで。

この本自体は学術的にかなり真面目にミミズに迫っているので
一読をお薦めします。
posted by 葡萄瓜XQO at 11:15| Comment(2) | TrackBack(148) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

舌は踊る

小林カツ代はこんなにいろいろ食べてきた
小林カツ代著

出版社 文芸春秋
発売日 2004.04
価格  ¥ 1,400(¥ 1,333)
ISBN  4163658807
家庭料理の第一人者、小林カツ代の原点は故郷・大阪にあった。父母に教わった浪花の味の粋を伝える料理エッセイ集。再現レシピ付き。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


この本を読んで何が困ったかといえば、台所に立ちたくて
立ちたくて仕方がない気持ちになった事です。
この本を読むには台所のすぐ傍で、頃合は空腹時をお薦め
します。そうでないと気持ちの上で嫌が応にも空腹を持て
余しますから。

阪急茶屋の味噌かつ丼に大根の漬物、インド(富国生命ビルB2F)の
鉄板カレー及び付け合せの白菜の甘酢漬…の幻影がこの本を読んで
いる間目の前を離れてくれないのです。
sweet paradise 90min!はこの場合除外。あそこではケーキを思い
切り楽しみたいですから。パスタやスープもきちんと戴きますが。
パスタといえば『あるふぁ』も良いですね。和食なら一寸気取って
『福すし』に行くも宜しいでしょうし。
…そうそう喰い歩きはしてない筈なのですが(苦笑)
posted by 葡萄瓜XQO at 17:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

定型も良し悪し

新聞に見る日本語の大疑問
毎日新聞校閲部編

出版社 東京書籍
発売日 1999.05
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  448779384X
日本の新聞の主成分は日本語。新聞という製品を点検するのが校閲部。ワープロ・パソコンの導入による同音異義語の変換ミス、常用漢字以外の文字の乱用など、校正者ならではの視点から書く日本語随筆。〈ソフトカバー〉 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


書店の紹介は間違っていないと思います。
実際有益な内容だ、とは思うのです。思うのですが…
なんでこんなに読み難いんでしょう。
複数の方が携わっているのは判るのですが、文体が
余りにも多様過ぎるのです。定期的なコラムなら其の辺も
良い刺激になるのでしょうが、こうして一冊の本に
纏まるとその良い刺激の筈の変化が小骨の様に
引っ掛かって流し読みが出来難くなるのです。
文体変われば調子も変わり、又距離感も変わります。
日本語を扱おうとするならば、その点にもせめて一考
欲しかったと世間の一隅で苦笑致しております。
或いは辞書形式の構成ですとかね。内容を生かす工夫は
如何様にも出来る様に愚考致します。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

お宝?

ホーローの旅
泉麻人著・町田忍著

出版社 幻冬舎
発売日 2002.08
価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)
ISBN  4344002148
8年に及ぶ取材旅行の末に完成した、噴き出し笑い連発の謎本。「良いホーロー看板悪いホーロー看板」「戦前に張られたホーロー看板の秘密」「山口百恵と富士ヨット学生服の関係」など、これぞ笑いのワンダーランド。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


この著者さん達ならではの、と言うべき「琺瑯看板探訪録」ですね。
筆者自身は琺瑯看板を世に言うお宝扱いするのには賛同できない
立場です。その琺瑯看板にふさわしい環境を誂えた上で掲げるならば
賛同もしましょうが、風情の調和を考えずにただ見せびらかす為
ならば賛同出来ません。
雨曝しになった琺瑯看板は街角の風景と溶け合って存在してこそ
味わいを醸し出すのです。愛しいものを手元におきたいと言う
お気持ちは判りますが、野に置いて愛でると言う愛し方も在るのだ
と言う事を思い出して下さいませ。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

共感の為に

仮想現実を共有する為には、一つの条件が必要だと思われます。

ディスプレイのなかの青空
藤原智美著

出版社 白水社
発売日 1996.10
価格  ¥ 1,835(¥ 1,748)
ISBN  4560046131

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


それは嗜好性の同一とか言うものではなく、相手の背景に対する
想像力と言うものでは無いかと筆者は思うのです。
参考文献を一通り読めば確かに作者の思考経路を追憶/追体験する
下地を作る事はできましょう。しかし、下地が出来たからと言って
作者と同じ様な思考回路を持たざる場合、作者と同じ回答を
得られると言う保障は無いのです。
むしろ予備知識を一切持たず、自らの中に残っている情報そして
想像力を駆使して共感を構築した方が、この種の本は理解し易い
のではないか、と。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

茶飯事は変わらず

活!(角川文庫)
群ようこ本文・もたいまさこ写真文

出版社 角川書店
発売日 1999.04
価格  ¥ 420(¥ 400)
ISBN  4041717124

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


過去の本を読む事に拠って、図らずも現在を生々しく感じる
事があります。気休めに読む為にこの本を選んだのは良かった
のか悪かったのか(苦笑)

げに逞しきは日々を元気に乗り切る方々なのですね。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

贅沢貧乏

森茉莉さんの贅沢貧乏な暮らしの断片を纏めた一冊を読んで溜息。
筆者には此処までの美意識を持つ事ができるのだろうかと自問。

森茉莉 贅沢貧乏暮らし
神野薫/阪急コミュニケーションズ/03.12.28初版
ISBN 4-484-03224-4


肌に馴染んだ贅沢をするには先ず自らの心に贅沢を構築しておく
べきなのか、と想いはしたものの。その実行が叶えられるものか
どうかと迷ったりもしています。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

ココロノスキマ

ずーっといっしょ。
伊集院静著・堂本剛挿画

出版社 朝日新聞社
発売日 2003.07
価格  ¥ 1,365(¥ 1,300)
ISBN  4023303313
伊集院静のエッセイ&堂本剛のイラスト。戦争について二人が語り合ったロング対談ほか、堂本剛の「仙台紀行」など写真満載。特製ポストカード付。『person』連載を元にした魅惑のコラボレーション第2弾。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


伊集院静さんと堂本剛さん…筆者の中では二人とも『曲者』と
言う分類が為されています。一筋縄では行かない人、と言う
意味合いでの曲者ですね。ボケをかますにしても堂本光一さんの
ボケは割に対応し易い様に思うのですが、剛さんのボケはねぇ
…予測がつかないんですよ。ねずみ花火みたいなもんです。
伊集院さんは伊集院さんで小説+西原理恵子さんとのお仕事
=静かだけど激しい人と言う印象が(筆者の中で)出来上がって
ますので…普通の表情でも腹に一物と言う気がついして
しまうのです。
その二人の共著と言う事に惹かれ手にとったのですが、内容は
実に穏やかですね。と、言いますかお二人とも親馬鹿になっちゃって。
犬好き尚且つ幸せな気分に浸りたい方に、先ず差し出そうかと
思う一冊です。相田みつをさんが苦手な場合は合わない場合が
あるかも知れません。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

あの角を曲がれば。

博物館、お好きですか?
筆者は好きです。入館料が無料ならば殊更に。
心惹かれて内容が良い博物館ならば、入館料は
惜しみませんけどね。

ロンドンの小さな博物館(集英社新書 0195)
清水晶子著

出版社 集英社
発売日 2003.05
価格  ¥ 756(¥ 720)
ISBN  4087201953

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


こう言う本を読むと、つい出向きたくなる想いが湧いてくる
ので困ります。昨今ではネットと言う手段が在りますので
電脳訪問は可能なのですが、興が後を曳くならば一度は行き
たきものです。

※紹介されている博物館(文中順・邦訳名称は本書準拠)
サー・ジョン・ソーンズ・ミュージアム
庭園史博物館
ヘンデル・ハウス・ミュージアム
ウィリアム・モリス・ギャラリー
シャーロック・ホームズ・ミュージアム
トワイニング紅茶博物館
ポロックス・トイ・ミュージアム(現在403error)
セイント・トーマス・ホスピタル旧手術室とハーブ・ギャレット
グリニッジ王立天文台
ウィンブルドン風車博物館(紹介記事)
レイトン・ハウス・ミュージアム
扇子博物館
スティーヴンズ・インク博物館
マーティンウェア陶器室
ストロウベリー・ヒル
フリーメイソン博物館

関連博物館
庭園史博物館;アシュモリアン博物館
ストロウベリー・ヒル;ルイス-ウォルポール・ライブラリー

調べている内につい足がうずうずと(苦笑)
posted by 葡萄瓜XQO at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

夜の底

海の夜間飛行
中村征夫著

出版社 TBSブリタニカ
発売日 2001.11
価格  ¥ 2,100(¥ 2,000)
ISBN  4484014165

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


夜の静かさの中で海の中を想い、暫しまどろみます。
解体された想いは、又ゆっくりと流れに乗って再構成され、
手蔓藻蔓の夢に揺られてゆくのでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

俗と高尚と高貴

お言葉ですが… 7 漢字語源の筋ちがい
高島俊男著

出版社 文芸春秋
発売日 2003.04
価格  ¥ 1,850(¥ 1,762)
ISBN  4163596003
忙しくて師も走るから、十二月は「師走」、大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)は「歩くと危ない」から…。こういう語源説は結構あるが、本当のところはどうなのか? 言葉をめぐる面白読み物。『週刊文春』連載をまとめる。 [bk1の内容紹介]

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


落語に登場するご隠居の時事観察、を気取られたのやも
知れませんが何か臭みが鼻につきます。
あのご隠居達には何処か俗を愛する心があってそれが
愛嬌を生み出しているんですが、このご隠居を気取られた
方は俗を何処か鼻先で笑っておられる様に見受けられるの
ですね。知識の為に割り切って読もうかとも思ったのですが、
修行不足の故か、行を追うのがかなりしんどい様子です。
時間をゆっくり取り、先新緑旺盛な時にまた試みると
致しましょうか。

φは壊れたね(講談社ノベルス)
森博嗣著

出版社 講談社
発売日 2004.09.09
価格  ¥ 861(¥ 820)
ISBN  4061823922

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


やや通俗に近づいたか、と言う印象があります。
物理面のミステリと言うよりは、心理面のミステリと
解すべきかも知れません。
そう考えてみれば登場人物の饒舌さも納得ができましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

刮目の一冊

闘う「車いす」(B&Tブックス)
土方正志著・奥野安彦写真

出版社 日刊工業新聞社
発売日 2000.09
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4526046442

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


一読した後、改めてこの本の舞台になっている
オーエックスエンジニアリングのサイトを拝見しました。
正しく刮目、ですね。車椅子と言うと如何しても画一的で、
そして何かしらの影のイメージが付き纏うのですが、
このメーカーで製作されているものは、前を向いて生きよう
と言う気概しか感じられないのです。
一見一読の価値は充分にある、と愚考します。
内と外のイメージを、再構築する為にも。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

一言

空飛ぶ馬(創元推理文庫)
北村薫著

出版社 東京創元社
発売日 1994.04
価格  ¥ 609(¥ 580)
ISBN  4488413013

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


『砂糖合戦』における円紫師匠のマクベスを、ふと思いだします。
まあ、つまらぬ雑感ですよ。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

洒脱に年喰う

小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き(大人の本棚)
小沼丹〔著〕・庄野潤三編

出版社 みすず書房
発売日 2002.02
価格  ¥ 2,520(¥ 2,400)
ISBN  4622048256

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


筆者はかつて、いつ頃からか隠居に憧れると言う奇妙な小僧で
ございました。年を喰ってみて自分には隠居は務まらないと
身にしみて判りましたが。隠居と言うのは得てして洒脱に年を
喰って、一寸した人としての灰汁でさえ魅力に変え得る御仁を
指して言うのでしょう。
筆者なぞはまだまだ俗欲が多いものですから到底その境地には
辿り付けますまい。
この一冊をかかれた小沼丹と言う方を筆者は存じ上げません
でしたが、若い時にこの文を読んでいたら忽ちにしてしてかぶれ、
隠居もどきをやっていた事でございましょう。そう言う甘き毒
めいたものがございます。
今読んでみてどうか?苦笑いして煙草をふかし…さて如何致しますか。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

手引きに非ず

短編小説のレシピ(集英社新書 0165)
阿刀田高著

出版社 集英社
発売日 2002.11
価格  ¥ 735(¥ 700)
ISBN  4087201651

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


作家志望の方の為の小説指南と言うものがノウハウ書として
定着する様になってどれ程経つでしょうか。
その存在を筆者は否定しようとは思いませんが。
この書は指南書ではなく、書いた後で自省する為に座右に
置く為の書であります。
小説を書く・物語を紡ぐとは茶を淹れる行為と等しきもので
ございましょう。一滴に滋味を感じさせる濃厚な茶は、腕前を
磨く事で普段使いの茶葉からも充分に出す事は可能となります。
その腕前を磨く為のヒントがこの一書に示されている、と筆者は
拝察致しますが、さて。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

疾り読む

魔夜峰央の「ダリ的魔法術」
魔夜峰央著

出版社 小学館
発売日 2005.01
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4091998933

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


サルヴァドール・ダリの生誕100周年と言うのは良いんですが、
何故解説にパタリロまでしゃしゃり出る必要があるのでしょう?
(魔夜峰央さんだけでは無くてパタリロ・ド・マリネール八世
まで解説ページにちゃんといるのですよ)
ダリの絵を使ったカードによるタロット占いが展開されると言う
趣向の様ですが、今一つ目的としたい所が見えません。
○●○
マイ・ライフ(幻冬舎文庫)
綾戸智絵〔著〕

出版社 幻冬舎
発売日 2004.06
価格  ¥ 520(¥ 495)
ISBN  4344405242

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


黒豚の切り落としで作った生姜焼きと言う食感。
元がしっかりした味わいなだけに、噛めば噛むほど
滋味が行間からじんわり滲み出て来ます。
唄はこうして人の間から生まれてくるものなのでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

本との距離

今読めない読みたい本
出久根達郎著

出版社 ポプラ社
発売日 2003.03
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  459107627X

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


本との距離感と言うのは、上手に掴むのが難しい時があります。
背伸びをして読んだつもりになっていても、後になって読み損ねたと
臍を噛むのは良くある話。そう言う読み損ね本とは別に、
ふとした拍子に読みたくなって記憶のページを捲って再読する
本もまた存在します。

装幀列伝(平凡社新書 241)
臼田捷治著

出版社 平凡社
発売日 2004.09
価格  ¥ 861(¥ 820)
ISBN  4582852416

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


棚に麗々しく本を飾ると言うのは趣味ではありませんが、
読んでいて思わず棚に飾りたくなる本と言うのは存在する
ものです。
美しすぎて読めない本と言うのは閉口しますが、美しさに
惹かれて読んで溜息を吐く本と言うのは有り難いものですよ。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

ややこしいけどシンプル

人間、簡素に生きる事が出来ればかなり楽だろうなと
常々思っております。その割には色々な事をこちゃこちゃと
やっておりますが。

人間は考えるFになる
土屋賢二著・森博嗣著

出版社 講談社
発売日 2004.08.25
価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)
ISBN  4062125803

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


言い回しが一々ややこしい様なもどかしさがあるかも知れませんが、
その時は小説を読んでいる若しくは論文を読んでいる、と思って
みると気分が楽になります。
ヒントにしようなんて思わずに、娯楽と思って向かえば良いのですよ。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

明/暗

PLUTO 1(ビッグコミックス)
浦沢直樹・手塚治虫・長崎尚志

出版社 小学館
発売日 2004.10
価格  ¥ 550(¥ 524)
ISBN  4091874312

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


手塚さんの原典とこの浦沢さんに拠る掘り進め作品の決定的な違い。
それは、作品の持つ色彩でしょう。
手塚さんは恐らくモノクロ画像であっても執拗に鮮やかな色彩を想定
しつつ描いていいただろうと思います。ロボットの表情にしても、
鮮やかに描ききろうとなされていた感じでしたし。
しかし、浦沢さんはそれをしない。最初から鮮やかな色彩は想定せず、
時には却ってモノトーンを選択するかの様に明暗だけで世界を描こうと
している様に見えます。
一読している時に、筆者が想起したのは能舞台に於いて湧き出る能面の
表情でした。明暗と間合いによって湧き出る表情。而して本体の顔はと
いえば、一つの表情を頑なに守っているのです。
この一冊が読めれば、恐らく能の面白味が判る瞬間が訪れるかも知れません。
また能を判る人がこの一冊を読めば、漫画の持つ面白味をすんなり掴める
かも知れません。異文化交流の一冊としても、興味深かろうと思います。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

きのう・きょう・あす

三都古書店グラフィティ
池谷伊佐夫著

出版社 東京書籍
発売日 1998.08
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4487793181

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


そう言えば、京都の古書店にはまだ行っておりませんね。
大阪と神戸の古書店にはある程度行った記憶がございます。
筆者にも縁のある書籍は大阪の方が多かった様に思います。
神戸は文学か学問に縁深き方が行かれるべきでしょうね。
又、折に触れ古書店めぐりをしてみたくなりました。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・徒然 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。