2012年09月01日

JetstarJapan往還記

筆者は今般初めていわゆるLCC(格安航空)のJetstarJapan
利用致しました。
http://www.jetstar.com/jp/ja/home
(ジェットスタージャパン/空港内略称:JTP)
Jetstar機内無料冊子
その際に見聞したアレコレをメモとして書き起こし、後に
利用される方への些かの参考に遺しておこうかと思います。

筆者は今回関西国際空港〜成田国際空港間を往復した訳ですが、
実の所現地二箇所でのチェックインは実に速やかに済みました。
それこそ二言三言の会話で。
何故かと申しますと筆者は予約の際にウェブチェックインと言う
システムを利用する設定にしていたからです。
ウェブチェックインというのは実に便利な機能です。
搭乗時間のほぼ48時間前にPDFファイル形式で予約の際に指定した
項目を明記した搭乗券を送って来てくれるのです。手荷物だけの
搭乗者は各自印刷した搭乗券を持参して確認だけ受ければ良い訳です。
ですから二言三言の会話というのも実質搭乗ゲート確認程度の
ものだったりします。
一つ留意すべきは搭乗券の印刷を鮮明にして置く事です。
殊にバーコードは鮮明になる様に。
搭乗ゲートではバーコードを読み取って手続きが為されますので。

それだけチェックインが簡便に済むのなら空港に慌てて1時間以上前に
行く事はあるまい、と思われる方もおいでかも知れません。
しかし1時間以上の余裕を持つ事は確実に必要です。
なぜなら従来からあるゲート入場の際の危険物持ち込みについての
各種センサー検査と言うイベントは健在であり、ゲートへの移動・
そしてバスへの乗車と言うイベントが新たに発生しますから。
危険物持ち込みについての各種センサー検査は中々の一手間です。
乗客の協力も必要なオートメーション化出来ない流れ作業ですから。
どんなに地団駄を踏んでも自分の都合だけで急ぐ訳には行きません。
そしてゲートへの移動及びバスへの乗車。
JetstarJapan機へ搭乗の際、大手の様なターミナルビルから機体へ
直接伸びる搭乗橋…パッセンジャーボーディング・ブリッジは
用意されておりません。機体にタラップが横付けされておりますので
タラップまで行くバスに乗る必要がどうしてもあります。
バスでは搭乗客全員が座れる訳ではありませんのでその辺もご注意。

さて、搭乗してからの座席ですがシンプルかつ機能美にあふれたもの
です。
大手各社のエコノミークラスの座席をもう少しシンプルな構造にした
ものを思い浮かべて戴くと良いかも知れません。普通に座る分には
結構快適な空間です。
座席のリクライニングによる空間の差異云々については乗客個々の
マナーの問題と割り切った方が良いでしょう。
トイレもコンパクトで機能美にあふれた構造です。おむつ交換も
出来る様に配慮されている模様です。
機内での安全配慮については実際の所一切手抜きされておりません。
乗務員各位の目配りはかなりしっかりしたものと感じました。
機内食の販売巡回ですが…新幹線の車内販売巡回と変わらない
レベルの頻度ですね。
ですからその局面では選べる自由を満喫すれば良いかと愚考します。
サービスで機内食が出たけど体調が悪くて食べられない・残して
しまったと言う罪悪感はJetstarJapanの機内では恐らく無縁でしょう。
購入制の為機内食の選択肢も若干広がりますし、不要ならば
買わなければ良いだけの話です。なお購入の際は若干の小銭が
あると良いかも知れません。またレシートはその場で発行して
くれます。ただし各種文面は英文ですが。
Jetstar機内販売レシート

さて、成田空港に到着し無事に到着ロビーを抜けまして、先ず東京へ
移動となります。
幸い7月3日より京成バス・成田航空交通共同運営による格安シャトル
バスが運行されております。その名も『東京シャトル』。
現在(9月30日まで)デビュープライスと言う事で800円で成田国際空港
〜JR東京駅八重洲橋口方面及び東雲車庫間を70分で移動してくれるバス
です。
東京シャトルチラシ
この稿を起こしている段階で1時間に付き一便運行してくれておりますので
かなり便利な手段でございましょう。成田国際空港へ向かう際には
乗車チケットを予約購入しておくと更に便利かと。
以下詳細は東京シャトルのサイトにてご確認を。携帯電話のブラウザには
未対応ですのでご注意ください。
http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/day/nrt16.html
なお、成田国際空港から乗車する際にはチケットの予約購入はできません。
ですのでチケットを専用カウンターで買って乗車という運びになります。
カウンターの位置はこの稿現在では第二ターミナルビル到着階(一階)・
南口からやや北口寄りに移動した地点にございます。バスを待たせる
時間が少ない様に速やかに購入致しましょう。
東京シャトル半券
東京シャトルの車内は実に快適です。
普通の観光バスを連想して戴ければそれで充分であろうかと。

さて、以降は東京から成田を経て…と言う手順からの拾い上げです。
成田国際空港では公式サイトでも説明がありますが入場の際に本人確認証の
提示が求められます。
http://www.narita-airport.jp/jp/news/hoan/hoan.html
これは東京シャトル内でも当然適用されます。つまり成田国際空港前に
ゲートがあり、そこで一旦停車した上乗客個々の本人確認作業が簡便に
為される訳です。
病気への備えも兼ねて健康保険証が手許にあると便利ではないかと
筆者は愚考します。

さて、東京シャトルが第二ターミナルに到着致しました……が、ここで
降車口を間違えると移動に際し余分な手間が発生します。
筆者は降車位置として第二ターミナル南口・19番乗り場を推奨します。
但しここがズバリのチェックイン場所ではありません。
何故なら東京発の東京シャトルは成田国際空港ターミナルビルの三階に
到着するからです。そしてJetstarJapanのチェックインカウンターは
二階にあります。
そう言う移動の時間もありますから、時間には余裕を持って行動される
事をお奨めします。
以降は関西国際空港を出立した際の経緯と同じです。
正直時間に余裕があればささやかな土産の買い足しも可能になりますし、
お茶の一杯も飲んで寛ぐ事が出来ます。折角の旅路ですから愉しく
ありたいですし。

以上JetstarJapanを使った旅路を愉しくする為の何らかのヒントとして
供します。参考になりましたら幸いです。
posted by 葡萄瓜XQO at 04:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

縦を横に

今更筆者が殊更に言う事でもないのでしょうが。

乾麺を湯がくには深い鍋を用意しようと考える
よりは手頃な大きさのフライパンで、と心得た
方が加減が好い様です。
面が折れてしまうと言う心配もございませんし、
何より湯の量が少なくとも好い加減になり易い
様なのですね。
興醒めと言うお声もあるやも知れません。
確かにそれを言われると返す言葉は中々見つかり
ません。合理的と風情とは共存しえぬのか、と
思ってしまう事もございます。

只、便利を受け入れる事も時には必要かと。
ただしこの方法には一つ必要条件があります。
湯をなみなみと入れたフライパンを安定して
持つ事の出来る腕力が必要です。
安全の為、この条件はお守り下さい。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

思わぬ記憶

最近、暑気払いにフルーツ黒酢を三倍量の
赤ワインで割り、冷水で割ったものを飲用
していたのですが、どうにも既視感が拭えず
引っかかっておりました。
同じようなものを作った覚えは無いんだが
…と思い、先程ふと思いついて検索をかけ
ました。

どうやらサングリラの応用を知らぬ内に
やっていた様でございますね。
ただ、筆者はアルコール耐性が余り無いので
冷水で割って丁度になるように意識していた
のでございましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 10:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

環境次第







視聴覚機器の使い勝手についての感想には、
実際使用環境が大いに影響するものか、と
筆者は感じております。
ですから、本当の使い勝手を想定するには
購入した場所の環境に左右されるのではなく、
導入しようとする場所の環境を想定しそれと
照合しつつ勘案するのが一番なのです。
最高級の最新機器とて、決して万能では
ないのですから。性能を最大限に引き出せる
環境がなければ。

筆者は上記二種の機器を非常に満足して使用
しております。環境と加減が丁度良く合致
しておりますので。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

こざっぱり

夏のお茶というのは、面倒な様で
存外楽しいものです。

例えば廉く買った香りのきつ過ぎる
アールグレイ茶葉でも水出しにすると
程好く爽やかな香りのお茶になります。
何の事はなく、ポットに水と茶葉或いは
ティーバッグを挿れて冷蔵庫で置いて
おくだけです。
目先の変わったお茶として良いものに
なろうかと。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

扇面流れ

街角で配られる団扇の数々もまた街の彩りなれば
不要なものを集めて飾る場を設ければ又趣のある
ものになろうかとふと思います。
例えばフェンスを何気なく立て掛け、そこに団扇を
さし集めてゆくだけで屏風紛いのものが出来まいか、
と。
要る人はするりと抜き取り、又要らぬ人が立ち寄れば
その抜けた間に新しい柄のものが挿される事でしょう。


扇面を 集めて想う 街の夏
posted by 葡萄瓜XQO at 19:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

お遊び

Gadgesuiede

uroggog

いや、一寸したお遊びでございます。
あのネットを席巻した言葉には到底
敵いませぬが。

もう三年が過ぎようとしているのですね。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

優先順位

ネットやPCの操作において、ディスプレイから
垣間見える見栄えを優先する余り小まめ過ぎる
手入れを時に要求される事が多くなって来た様な
気が致します。
確かに技術は日進月歩なのでしょうが、凡ての
人間が技術に合わせて進化できると開発者陣は
本気で思っておいででしょうか?

永久不変の技術がある坏とおめでたい物言いを
するつもりもないですが、流石に進化だけを偏重
されますと、些か鼻白みも致します。
ましてや、結果基本がお座なりになりますと尚更。

地に足の着いた進化こそ、望ましきものでござい
ます。
posted by 葡萄瓜XQO at 23:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

胡麻擂り煩談

勘考の上食生活に擂り胡麻を取り入れる様に
なってまだ日の浅い筆者でございますが、
胡麻の擂り加減については暫し考えてしまう
事がございます。

家庭に於いて一番細かく胡麻を擂る事が出来
ますのは擂り鉢と擂り粉木の組み合わせと
なりましょう。これはどうしてもこの組合せ
に軍配を上げざるを得ますまい。
ここで生じました擂り胡麻は細かくしっとりと
した加減となり、和え物や混ぜ物に用いるの
に適した加減となります。ちゃんこ鍋屋では
つけ汁の基にと一人前の擂り鉢に擂り粉木、
そしてふんだんな量の胡麻を供される事が
ございます。このつけ汁は美味しゅうござい
ますね。

次いで電動擂り胡麻器によって生じる擂り胡麻。
これもしっとりはしております。しかしながら
細かさに於いては三歩は譲らざるを得ない
加減でありましょう。
これはマヨネーズやドレッシング、田楽味噌と
混ぜると良い加減かと思われます。
胡麻の香りを活かしたい時にも重宝でありま
しょうね。

さて、手動の擂り胡麻器による擂り胡麻です
が…決してこれも悪いものではありません。
が、しっとり感には如何してもやや欠ける
きらいがございます。薬味の一つとしては
良い加減なのですが。
ここは一つ割り切って食卓のアクセントと
考えるのも手立てやも知れません。少なくとも
粒そのままの胡麻を食するよりは胡麻の味わい
を引き出せる手立てですし。

以上とりとめも無く考えてみました。
市販の擂り胡麻もございますが、香りは矢張り
擂りたてに勝るものはないかと。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:55| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

壁の設え

MSNメッセンジャー : WindowsLiveメッセンジャー

skype : skype

コミュニケーションツールの壁紙一つにも
提供元の心理が見え隠れする、と思うのは
筆者の穿ち過ぎでございましょうか。
skypeは動作が動作でありますので随分と
軽量化が図られているなと思う反面、MSN
メッセンジャーから進化したWindowsLive
メッセンジャーは…初期段階はせめて軽い
壁紙を使った方が、と思えてしまいます。
昨日のアピールの一環であるのは判るので
すが、立ち上げた途端にフリーズと言うのは
褒められたものではありますまい。

twitter : twitter

twitterの壁紙は一種類ですが、ワンポイントか
タイル状に貼るかと言う展開パターンが選べる
のがよろしいかと。
自分好みのものを上げて使うのも良いかも知れ
ませんね。
いずれにせよささやかな楽しみではありますが。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

一点よりの温か味

せんねん灸ホームページ

頭では良い良いと判っていても、灸というのは
中々に手がつけ難いものでございました。
お手軽という部分からは程遠い位置にございま
したしね。
昨今では科学の力の助けもございますが。

肩、腰などのコリ、冷え、痛み、疲れにキク!古来伝統もぐさのお灸!! 【Blue-Lagoon】



お灸を模した膏薬もございますね。
どれを用いるかはお好みでございましょうが、
一点よりの温かさがそうそう馬鹿に出来ぬ事は
確かな様でございます。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

焦点

事例を検索する際に、そのものズバリの
答えが出て来ないからと言って即座に失望
するのは早計と言うものです。
事象はそうそう単体で存在するものでは
ありません。幾つかの関連事項を伴って
存在するものです。
事象そのものが見つからないなら、関連
から辿る事も出来るではありませんか。

例えば書籍ですと
 ・書名
 ・著編者名
 ・出版者名
 ・ISBN
と最低限これだけの情報を抱えております。
ここから更に突っ込めば、
 ・装丁関係者;挿画・デザイン等
 ・解説者
 ・編集関係者
等検索の手がかりの範囲を広げる事も
可能な筈です。

情報とは、恐らく波紋の広がりと重なり
なのですから。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

忍びて候えば

黒酢が体を活かすのに良い、と思って
摂る様に心がけている筆者でありますが、
原液を浴びる様に摂っている訳では
ございません。
時には甘味を加え希釈し調整した飲料と
して、また時には料理の隠し味として
摂っております。
体に良いものだからと言ってもどうしても
刺激のあるものでございますから、
摂る際には適度に調整しておくべきかと。

ミツカングループウェブサイト
mizkanお酢サイト
からだにワンスプーン


メーカーさんの回し者ではございませんが、
まさしくこの↑運動と言うのは筆者の心に
期する所に似通ったものがあるかと。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

価値、どこまでか。

岩盤足浴 足の助 
岩盤浴トータルサポートシステム by MTG


岩盤浴が話題になって久しい様に思いますが、
上掲↑の機械の事が話題にトンと上がりません
ので試みに。別に回し者ではございませんが。

確かに使い心地としては悪いものではござい
ませんね。水気を使わぬので気軽に出来易い
と言うのもございますし。
遣う分には本当に気軽でよろしいかと思います。
購入については踏ん切りは確実に要りましょう。

後は体感してみてからの勘考でございましょう
ね。

岩盤浴に通うのは面倒くさい…時間もお金もかけたくない…そんな時は自宅で岩盤浴気分になれる「ゲルマ岩盤マット」!玉石、ブラ..



安上がりに済ませようと思えば今日日探せば
ございますし。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

軽き押さえ

目枕もそうですが、掛け布団による
軽い押さえも疲れを取るには良好な
様でございます。

ごろ寝だけでも良いのですが、一時
でも深く眠ろうとするならば何か一枚
掛けるものを。それも適度な重さを
持つものがあった方が良いのやも
知れません。
posted by 葡萄瓜XQO at 06:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

瞬時の安らぎ


休息を、隙間時間に摂る様にするだけでも
体の楽さ加減は変わってきます。




アイピロー;目枕の類はかなり有効でございますね。
筆者も助けられております。
遊び心のある目枕だと余計に和みますね。




5分10分がとても心地良い時間に変わるのです。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

芋揚げ

こう言う寒い時節になりますと、揚げた芋の
ほっくりした感触が恋しくなります。
皮付きのまま八つ割にしてあげたものは野趣を
感じさせる味わいですし、皮を剥いて包丁なり
スライサーなりで細切りにしたり拍子木切りに
して揚げたものも品があって美味しいものです。
薩摩芋のチップス坏も揚げたてを売れば良い
のにと思う時がございますね。
精々3ミリ程度の厚みに切ってさっくり揚げて
ゆきますと嘘の様にあっさりと出来ますのに。
大学芋も良いのですがそう言う野趣溢れる食し
方も又。
posted by 葡萄瓜XQO at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

レスキューディスク

AVG-AntiVirusのレスキューディスクと言うのは
実に大きな代物ですね。
今迄FD4枚を使用して作成していましたが、とうとう
それでは対応しきれないと言う事になっております。
WINDOWS Meの起動ディスクでさえFD1枚で納まると
申しますのに。
とりあえずはDドライブにフォルダを造り、そちらに収納。
大きさの問題もあるのでしょうが、同時に分割の
問題もあるのやも知れません。
FDの容量がせめて2MBなら、と詮無い事をつい考えて
しまいますが。
posted by 葡萄瓜XQO at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

五徳の上から

過日、久々に点心粥を戴いた際にふと思ったのです。
『お粥と言うのはporridgeではなくsoupに近いのでは』
確かに糊になる寸前のごとく粘りが出過ぎたお粥と
言うのは上手に調味しないと戴いても余り美味しく
感じるものではありません。
米の形は残りつつ舌の先で押すとほろりと崩れ、尚
且つ汁気は多く瑞々しいお粥と言うのは僅かな塩気を
加えるだけで充分に美味しいものです。
成る程、スープであると考えればある程度の目処は
つきそうな気がします。そう言えば大根を炊く際に
少々投じる米の煮上がりは、今思えば中華粥の米粒の
仕上がりとよく似ていた様な。あれを目指せば良い
訳ですね。
又折あらば自分なりに考えてやってみましょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月31日

掃除

posted by 葡萄瓜XQO at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとしたヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする