2004年05月24日

いと、あさまし

素人でありながら、プロの方の描写に感心しつつ嫉妬心を燃やして
しまっている事に気付き、自分に白い目を向ける事があります。
自分が精進すれば良いだけの話、だと判っているので余計に
もどかしい。
こう言う時にふと、怖いもの知らずで居られたら、と遠い目に
なってしまうものです。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

書き手として思う事

あたしンちでフォーチュンクッキー

コップが一つ目の前にあったとして、
どんな描写表現が可能でしょうか。
文体で考えれば小説・俳句・短歌・詩・
エッセイはまず可能でしょう。
其のコップに色がついていれば、
なにがしかの見立ても可能です。
夕焼け・海・季節の色・その他諸々。
材質がガラスかアクリルか、はたまた
ファインセラミックかと言う事でも
大いに文章は変わってくるでしょう。

文章でこうなのです。
絵画表現ならもっと豊かな表現も出来ましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年04月25日

何れも自分

創作が思い浮かばず他の文章が思い浮かんでしまい、
少々苛立つ事があります。
でも、そうやって生まれた文章も等しく「吾が子」
なのです。筆者の中から生まれたものです。
創作とどうして分け隔てて考える事が出来ましょう。
仇疎かで書いてはおりませぬのに。

自分の書いた文章を褒め称えると言う真似は出来ません。
ただ筆者は、書き綴るだけです。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年03月31日

言端病み

こうやって文を綴っていると、時折『自分は誰の為に
文字を吐き出しているのだろう?』と思う時があります。
まあ、最初の一人は常に自分自身と決まっているのですが。
自分を称える為ではありません。無聊を慰める為です。

文章をこうして世間に晒しているのですから、反応を
気にしないと言えば嘘になります。お褒めの言葉は嬉しいですから。
そして、無言の反応もまた『声』であると承知しています。
もっと精進しなさいと言う声なのだと。手厳しいよなぁ、
と時折苦笑しながらも。

何処まで言葉を吐き出す事が出来るのか。見極めるまで
続けるのも悪くは無いでしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年03月12日

色とりどり、撒き散らかして

風呂敷豆知識
国立民族学博物館:特別展「世界大風呂敷展」
風呂敷〓伝統のラッピングツール大判ふろしき
宮井株式会社

風呂敷、好きなんですよね。
そうそう高額なものは買えないので呉味の市ですとかの時に
ワゴンセールで探したりするのですが、四季折々の柄や突拍子も
無い柄が散見できたりして、探していると時を忘れる程。
手元にある三十枚程の風呂敷を時折広げては空想の世界に浸る事も
あります。
桜をあしらった少し春めいた柄を引っ張り出して見ましょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年01月29日

素人は冷酷

二次創作をやっていて時々苛立つ時:原典を愛したくても愛せない時。
原典自体を二次創作の様に弄られるとどうも割り切れない思いが
あるのですよ。
確かに解釈は自由で御座いますよ。素人の解釈と玄人の解釈は
違いましょうよ。

どうにもやり切れませんね。
身勝手な言い分ですけど、ここまで変な遊びをされますとね。
失望が最小限である事を祈るばかりです。
話も降りてくるのを今日は拒否した様で御座いますし(苦笑)
posted by 葡萄瓜XQO at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年01月12日

せめて夢なら

Google 検索: 小説自動作成

小説を書くと言うのは、確かに一種のステータスなのでしょう。
でも、せめて自分の脳を苛めに苛め抜いて書きたいと思うのは、
古い考えでしょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする

2004年01月05日

性懲りも無く(苦笑)

melma!blog [ショタやおい雑記]

HTMLの日記が良いのか、こう言う形式が良いのか。
傍であれこれ言ってみるのは楽ですので、
いっその事と思い飛び込んでみる事にします。

いざ使ってみるとしみじみ使い易いですね、
この形式は。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 煩悩の余り | 更新情報をチェックする