2005年08月10日

街中

なみなみと茶満ちるポット前にして背筋伸ばして洋菓に対峙す

一口と又一口と味わうに心は解れ姿勢は定まり
posted by 葡萄瓜XQO at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

漏吟

たらたらと過ごす夕べの久々に不意に感ずるましろな不安

本捲り白河夜船好い心地それでも内なる時計に起こされ

ぽたぽたと染み出る言葉溜め置きて継ぎ足さんとて少しは蒸発
posted by 葡萄瓜XQO at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

放吟

トロトロとひと日の疲れに身を委ね静かに想う明日の事を
posted by 葡萄瓜XQO at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

せめて言詠む

じわじわと滲み溢れる汗の幕搾れる程に塩吹く程に
posted by 葡萄瓜XQO at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

壮んなり

胡椒飯 喰らい、汗かき 涼招き
posted by 葡萄瓜XQO at 18:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

乱反射

ぎらぎらと容赦なく降るその陽射し彼方此方に乱反射して

乱反射鎮まる先を見つけかね右往左往す人巻き添えに

天の熱地からも熱は立ち昇り挟まれし人内から煮え立つ
posted by 葡萄瓜XQO at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

放吟夜半

とろとろと淡き眠りに身を任せ動かぬ想いをチョイ一浚え

物臭が甘き言葉を無差別に投げ入れ夢見る手前味噌かな
posted by 葡萄瓜XQO at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

放吟夏

ただ広き青天井は熱されて 
 瑠璃の色したフライパンかな

じっとりと立ち居るだけで滲む汗 
 疾く回帰せよ夕立となり

暑さ故、心の軸も揺らぎたる 
 それを戻すは只吾ばかり
posted by 葡萄瓜XQO at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

口三味

梅雨の晴れ間よ
あら嬉やな
熱い日差しも
苦にならぬ

スパリ煙草を
空向き吹かし
煙眺めて
灰懐中

滴る汗に
つい手が伸びる
冷や水飲むのも
程々に
posted by 葡萄瓜XQO at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

日々是放吟

垂れ込める分厚き夏の雨雲をチラリと眺め舌打ち一つ

だんじりの頃となりしか若人の血の騒ぐ様眺めて愉し

一足と踏み出す毎に滲む汗搾りてもなお溢れる如く

雨に濡れ曇り落とせし窓なれば柔らかき陽の訪れ願う

posted by 葡萄瓜XQO at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

放吟

滝の汗粘りつく気を脱ぎ捨てて浴びる微温湯ただ心地良し

時隔つバケツの雨の激しさよ耳にも目にもひたひた迫り

一杯の紅茶の為の長歩きただその美味を心得てこそ
posted by 葡萄瓜XQO at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

放吟

雲間から垣間見る空高くして先行きとも見えその他とも見え

じっとりと肌伝う汗地に落ちて今一献の誘いをかける

喉を越え冷たさ運ぶ一口の余韻呆気なく夏空に消え
posted by 葡萄瓜XQO at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

梅雨の晴れ間

曇天では在りますが、濡れた帳の鬱陶しさに比べれば
まだ心地良いものです。これでもう少し風があれば
嬉しいのですが。
この時節の自然に涼風を求めると言う野暮は申しません。
身辺の空気が少し入れ替わるだけでも鬱陶しさは
薄らぐものでございます。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

無景

雨はただ全てのものを流し行く湿り不快を僅かに残し
posted by 葡萄瓜XQO at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

雨音の調

降ったり止んだりのやや鬱陶しい天気。
雨と一緒に澱んだ空気が去ってくれれば
良いのですが、中々ままなりません。

土用丑はまだまだ先ですね。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

贅沢は素敵だ!

時折贅沢をする事は素敵だと思います。
と言うよりも必須でしょう。

但し、見栄を満たす為ではなく自分の心に
潤いを与えて前向きな気持ちを与える為の
贅沢ならば、ですが。

贅沢とは、金額の異称では無いのです。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

大風過ぎて

大風過ぎて、湿気の帳も一先ず取り払われました。
筆者は暑さ自体よりも肌に纏わりつく湿気が苦手ですので
湿気がないだけでもかなり有り難いです。

こう言う日にきりっと冷やした果物を戴くと又美味しく
感じますね。庭木の果物なぞ、其れこそご馳走でしょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

しみじみ

初心わするべからず、と言う言葉が心にしみる
一日でした。
初心を忘れては、進化もおぼつかないのです。
初心を呼び起こしてくれる場所があるのと言う
のは、実際幸せな事ですね。
posted by 葡萄瓜XQO at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

淡々詠句

葉桜に 川面渡りの 風ひやり

じんわりと 喉にしみいる 薄荷かな

何時もより 倍の歩みで 俗気抜き
posted by 葡萄瓜XQO at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

無題

今日もまた、この場では合掌。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情任せ | 更新情報をチェックする